春に聴きたいアイドルポップ②

 春に聴きたいアイドルポップ②

1.裕木奈江「空気みたいに愛してる」

2.高井麻巳子「春は名のみ」

3.水谷麻里「春が来た」

4.中嶋美智代「春の森の回転木馬」

5.高井麻巳子「かげろう」

6.浅香唯「Moon Train」

7.真野恵里菜「乙女の祈り」

8.浅香唯「誘う春の風」

9.生稲晃子「日曜日はいらない」

10.田村英里子「Domino」

11.浅香唯「ひとり」

12.生稲晃子「モノローグ…春」

13.高井麻巳子「木洩れ陽のシーズン」

14.モーニング娘。「春の歌」

15.浅香唯「Walking with you」

16.南野陽子「桜詩集」

 

裕木奈江「空気みたいに愛してる」

 

花のトンネル走り抜けたら
 薄荷の匂いの四月雨
 ねえ春だからこのまま濡れて
 手なんかつないで散歩して

 空気みたいに愛してる
 空気みたいに愛してる
 見えなくたって触れなくたって
 空気みたいに愛してる

 

(作詞:松本隆、作曲:細野晴臣、編曲:大村雅朗)

高井麻巳子「春は名のみ」

 

春へ続く路面電車に乗り
 幼い恋 捨てに行きます
 嫌われているなら
 せつなくはないのに
 いつだってやさしく
 私を見つめてくれた

 春は名のみ風は寒く
 線路沿いの蓮華もつぼみばかり
 恋は名のみ淡い序曲
 胸でつま弾く小さな旅人

 

(作詞:麻生圭子、作曲:八田雅弘、編曲:清水信之)

水谷麻里「春が来た」

 

三時間だけ南へBusに乗り
 三時間だけ季節を先回りすれば
 彼と別れた冬が
 ずっと遠くに見えました
 風は光り緑は萌えて
 鳥が歌う

 春が来た 春が来た
 キュンと一人の春が来た
 サヨナラの代わりに
 春行きキップを買った

 

(作詞:松本一起、作曲:佐藤健、編曲:鷺巣詩郎)

中嶋美智代「春の森の回転木馬」

 

春の森の奥深くエメラルドの水鏡
 わたしだけ見えるすきとおる風景

 美しい嵐が来る
 すべての鍵がこわれる
 つぼみは香るよ

 ふわ ふわぁり回転木馬
 ユニコーンたちがまわる
 せつなくてしあわせな
 ちがう明日を待つの…

 

(作詞:小倉めぐみ、作曲:木戸やすひろ、編曲:新川博)

高井麻巳子「かげろう」

 

恋は春の姿
 こころ、かすってゆく
 手さぐりする
 のすたるじあ、止めたの

 やさしい、
 雨あがりに出逢う人は
 あー赤い糸の人
 そんなこと信じた
 あなたの
 ほほ笑みはこんな私の
 あー願いの写し絵ね
 せつないのかげろう

 

(作詞:沢ちひろ、作曲:八田雅弘、編曲:清水信之)

浅香唯「Moon Train」

 

春は別れの季節
 愛はどうして夢に負けるの?
 あの日列車の窓で愛を誓ってくれたけれど

 Moon Train涙のプレゼント
 赤くない糸なら
 ほどいてあげたいtonight
 夜空を超えて
 悲しみをちぎって
 でも忘れない

 

(作詞:麻生圭子、作曲:羽田一郎、編曲:椎名和夫)

真野恵里菜「乙女の祈り」

 

源氏物語に出てくるみたいです
 はらはら散り出した桜の樹の下で
 あなたは足を止め肩たたいてくれた
 わからないことならボクに聞けばいいさ

 四月この街を旅立つ人
 見るすべて私にも教えて、、、

 この春が一番忘れられない春です

 

(作詞:三浦徳子、作曲KAN:、編曲:たいせい)

浅香唯「誘う春の風」

 

今 春の風誘う
 まるで、あなたへの想いね

 さよなら…
 すてきな思い出つめた
 小さなカバン抱えて
 恋の途中下車
 乗り継ぐステーション
 微笑みへとたどり着く
 心を探してる

 今 木洩れ日があふれる
 ひとり、残されたホームに

 

(作詞:浅香唯、作曲:安田信二)

生稲晃子「日曜日はいらない」

 

愛していい人といけない人
 いるわけないよね恋は選べないわ

 夏の休暇はどこがいいかと
 隣りのテーブルで相談してる

 ねぇ愛を下さい
 禁じられても離れていても
 止まらない夢です
 まるで恋は春の嵐

 風吹く坂の上一人の午後

 

(作詞:原真弓、作曲:松本俊明、編曲:西平彰)

田村英里子「Domino」

 

春になれば僕は遠い恋人になると
 あなた目を伏せたから返した笑顔
 抱き寄せられた腕に
 どれ程の見せない涙のあと

 私とあなたはまるでDominoみたいね
 この空が愛ならすべて捧げるから
 くずさないで おねがい神様

 

(作詞:平松愛理、作曲:鈴木康博、編曲:萩田光男)

浅香唯「ひとり」

 

無理に好きになって
 サイドシートに座るよりも

 ひとりで歩く冷たい風の中も
 そろそろ遠く足音が響くはず
 春だね

 ありがとううれしいよ
 でも愛と呼べば嘘になる

 新しい恋を拒むつもりはないの
 ほんとに心動く時が来るのを
 待ってる

 

(作詞:穂早菜、作曲:安田信二 、編曲:安田信二 )

生稲晃子「モノローグ…春」

 

あぁ移り行く季節になぜ戸惑う春のメモリー
 2年の月日が流れてあきらめたはずなのに
 ダメね熱い恋心

 愛してた誰よりも春のせいねどうかしてる
 もどかしくて哀しいから涙になるMy Heart
 でももういいGood-Bye!

 

(作詞:かしぶち哲郎、作曲:かしぶち哲郎、編曲:戸塚修)

高井麻巳子「木洩れ陽のシーズン」

 

レースの陽射しがゆれてる
 窓の外 春の坂道
 遅い朝食を一人とりながら
 なぞる遠い季節

 笑ってよ
 私からさよならを告げたくせに
 今頃ふりむいているの
 輝く
 空の青さが今はこんなに
 哀しすぎる木洩れ陽のシーズン

 

(作詞:田口俊、作曲:岸正之、編曲:中村哲)

モーニング娘。「春の歌」

 

早合点だったり
 意地を張ったり
 毎日があなた中心よ

 春の歌
 春の風
 春の匂いに任せ
 この恋が育っていくわ
 そっとならば
 いいよ
 抱きしめて

 

(作詞:つんく、作曲:つんく、編曲:馬飼野康二)

浅香唯「Walking with you」

 

冷たい街並みに優しく積もる
 粉雪たちの中 手をつなぐ
 暖かい指をからませながら
 ずっと歩いてゆきたいわ

 夜が溶けて朝が生まれる
 雪が眠って春が目覚めてゆく

 あなたと歩きたい…

 

(作詞:浅香唯、作曲:楠瀬誠志郎、編曲:安田信二)

南野陽子「桜詩集」

 

ふたりまたねこうして
 おんなじ川沿い
 歩く日が来るって
 思えなかった
 ぼくは変わっただろう
 そんなことないよ
 あなたらしく時を
 重ねたみたい

 春の細い小枝に命を燃やして
 咲いた目黒川の桜がきれい

 

(作詞:康珍化、作曲:上田知華、編曲:萩田光雄)